K様邸地盤調査・補強設計業務


建物の沈下は東側部分に発生しており、最大53o〜最小5oで北東角方向に傾いていました。



沈下状況


同上


スウェーデン式サウンディング試験
試験状況


同上

 調査結果より、建物の不同沈下原因は、盛土地盤の圧縮沈下によるものと考察され、地表面下-4m付近までは非常に緩い(Nく3)盛土地盤が被覆しているため、地震に遭うと当該建物は大きく傾く恐れが有ります。
 そのため、沈下修正対策はアンダーピニング工法とし、支持地盤まで鋼管杭を圧入し安定させる方法をご提案しました。