古民家耐震リフォーム事業「沙桜里庵改修PROJECT」

「伝統構法の古民家耐震リフォーム」事業について

石山テクノ建設株式会社は経営理念に「先端技術で安全と安心を創造する」を掲げ「人の命を守る建物造り」を推進しています。

 古材文化の会にも所属し、今日までに東本願寺御影堂をはじめ多くの文化財の修復工事を手掛けてきました。「伝統技術と先端技術の融合」という、わが社でしか実現できない特殊技術を用いて古民家再生を図ることは弊社の使命であると考えます。

 亀岡市内で新たに取得した自社所有物件にて、来年3月までの期間にて、調査・耐震設計・意匠節季・施工を実施し、「伝統構法古民家の耐震リフォーム工事」のモデル住宅として古民家再生事業のPRを進めて行きます。

「地域経済の活性化の先頭に立つ会社」を目指し、耐震リフォーム施工後の自社所有古民家「沙桜里庵(さおりあん)を地域の文化・芸術の拠点として運用し、貸室やイベント会場、社員の保養施設としても活用します。

 南側の庭には桜の木が有り、来年4月の竣工時期に合わせて満開の桜が楽しみです。

NEXT→古民家耐震リフォーム「沙桜里庵改修PROJECT」①現地調査