【MORUDAM(モルダム)工法】「石積接着補強工法」

 MORUDAM工法(モルダム工法)は、石積み石垣の補修・補強工法で、弊社での取り扱いを開始いたしました。

 モルダム工法は、九州防災メンテナンス(株)の特許工法で、九州では民間・公共工事の施工物件が増えてきています。



MORUDAM工法(モルダム工法)

 既存の石積みの内部に優れた接着性を有する石積み専用充填剤を注入する事によって補強する工法です。

 排水機能を確保した状態で、内部から補強することが出来るため安価で施工を行うことが可能になりました。

 また、境界際に設置された石積みでも表面に構造物を設置する必要がないため、敷地内での施工が可能となります。

 狭地での作業も可能であるため、個人住宅をはじめ、道路維持工事、急傾斜地崩壊対策事業、河川護岸工事等、様々な石積みの補強工事に適用できる工法です。

 石積みでのご心配が有る方は、ぜひモルダム工法をご検討ください。 

 施工前

モルダム工法は、接着性に優れた充填剤【モルダムエース】を石積み内部に注入することにより、石積み全体が一体となって強固に補強されます。

施工後

Morudam1

 不安定そうな石積みが、しっかりと補強されました。

モルダム工法の特徴

 石積みの内部に注入する工法で、石同士が接着されて一体化します。

 排水管や裏込め石・胴込め石等の「水が抜けるための重要な空間」を閉塞することが有りません。

 側溝が有ったり、石積み上部に家屋があり改修が出来ずにお困りの場合に、最適な工法です。

 

景観地では、目地部を塗装して目立たなくすることで、擁壁全体が落ち着いた雰囲気になります。

 

【モルダム工法施工例写真ページ】

I様邸擁壁補修工事「モルダム工法」

E幼稚園外周擁壁補修工事「モルダム工法」

 

【参考ページ】

擁壁の点検用のチェックシートに付きまして ご紹介しています。

 宅地擁壁の簡易点検の方法

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

石山テクノ建設株式会社は、皆様のくらしの安全と安心を、補修・補強・耐震補強技術でサポートします。

地震関係の特集記事です。

「迫り来る震度7」その1 震度7とは