2017春「須磨アルプス」初心者登山コースで登山【馬の背と神戸の街が絶景です!】

晴天の中、今回は須磨アルプスからの眺望と馬の背を楽しみに、
山陽電鉄須磨浦公園駅→鉢伏山→旗振山→鉄拐山→栂尾山→横尾山→馬の背→東山→高取山→山陽電鉄板宿駅のルートを登りました。

それでは、山陽電鉄須磨浦公園駅からスタート!

左手に瀬戸内の海がひろがっています。

坂を上がった広場に蕪村の句碑があります。

そこを右に曲がってやや急な坂の先に、、鉢伏山・旗振山への道標があります。

展望台で休憩できます。

手摺に<展望閣・旗振山>、道標に<鉢伏山山頂・須磨浦公園駅・旗振山>の表示があります。

展望閣方向へ階段を上がると見晴らしのいい展望台が有ります。

鉢伏山頂方向から旗振山頂へ行けるようですが今回はパスして、元のルートに戻って、旗振山を目指します。

旗振山の山頂に到着

ちょと休憩して、いざ馬の背目指して出発!進行!

鉄拐山の手前です。

山の中は結構涼しくて、登り坂を終えると半袖ではすぐに汗が引いて寒く感じるぐらいですので、上に羽織るものが必要です。

長~い階段を下りて、一旦市街地に入ります。

この奥に自販機やスーパー等お店が有ります。

街の中を通り抜け再び山の中へ・・・

階段・・・

・・・が、延々と遥か彼方に続いていますぅ><;
でも、階段踊り場横にベンチが有って休憩できるので、心配ご無用です!
見晴らしもいいのでちょっと休憩・・・

して、どぉ~にか、栂尾山頂に到着。

街の奥に見えている山が鉄拐山ですね。

横尾山頂に到着。

横尾山から、結構きつい下り坂を下りると馬の背に出ます。

急な下りにチェーンが張られている個所が有り、チェーンを頼りに足元を確認しながら慎重に下ります。

馬の背(奥の森に近い方)の遠景です。

樹林と岩尾根から切り立った岩肌の風景が絶妙です。
街中からわずかの距離で、このような絶景が見られるとは!!
写真では伝えきれないとても感動的な景色でした。

馬の背に到着しました!

馬の背の全景です。もし落ちるとこの岩肌をゴロゴロ~っと行きます^^;

この角度から見ると、たしかに馬の背ですね~^^;

特に恐怖感は無く、割とすんなり通れましたが、雨でぬかるんでいたり強風だったりすると足が滑るかもわかりません。
落ちるとマジでやばそうなので、しっかり手元足元注意で通りました。

東山の頂上には、東山にまつわる天狗(鷹取山天狗と横尾山天狗の綱引きの物語)の昔話が記載された案内板があります。

馬の背が遠くに見えます(中央)

高取山を過ぎて、高取神社から見渡せる神戸の街並みが好天気の中とてもきれいです。

高取神社を過ぎると、石畳の階段での下りがず~っと続きます。

きついアップダウンが先で最後に緩やかな下りになりますので、須磨アルプスのルートとしては、今回のルートが逆ルートよりもたぶん歩きやすいと思います。

右に曲がれば板宿駅方向です。

好天気に恵まれ、いろいろと変化に富んだ山々のコースでのアップダウンが楽しめて、馬の背や神戸の絶景も十分堪能することができました。

こちらのルートも、ぜひ紅葉の季節にまた来たいです。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

関連ページ

2017秋「須磨アルプス」初心者登山コースで登山【秋登山もいいですね!編】