CANON EOS 80D ズームレンズ比較 広角から超望遠まで【太陽の塔編】

CANON EOS80Dは、使い始めはセットになっていた標準ズームレンズのEF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USMだけでしたが、撮影の範囲が限られますので、最近広角と望遠のズームレンズを追加して使い始めています。

万博公園で梅を見に行った時に、ズームレンズを替えて画角の比較をしました。

広角 キャノン EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM
標準 キャノン EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM
望遠 キャノン EF70-300mm F4-5.6 IS II USM
後日追加で、
超望遠 シグマ 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary

広角 EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM

焦点距離:10mm
あとで出てきますが600mmと比べて太陽の塔の顔が小っさぁ~~いです。
焦点距離:18mm

標準 EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM

焦点距離:18mm焦点距離:50mm
焦点距離:135mm

望遠 EF70-300mm F4-5.6 IS II USM

焦点距離:70mm焦点距離:150mm

焦点距離:300mm

まだまだ一眼レフカメラは、使い慣れているわけでは有りませんので、取敢えずこの3本が有れば結構楽しめそうです^^

(追加で後日、超望遠ズームレンズで撮ってみました)

超望遠 SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary

焦点距離:100mm

焦点距離:600mm
ついに太陽の塔の顔が食み出しました。×1.4のテレコンバーターも有りますが使うのやめました。^^;

あと、単焦点レンズで、キャノンEF50mm F1.8 STMを使っていますが、

標準ズームレンズのEF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USMの50mmと同じアングルでは面白味は有りませんが、目の前の被写体からのバックのボケ加減がいい感じです。
ただ、見た目より画角がせまいので、EF35mm F2 IS USMやEF-S24mm F2.8 STMあたりを追加したいところです。

標準ズームレンズのEF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USMでは、太陽の塔の全体は遠景でしか入れれませんでしたが、今回は広角ズームレンズのEF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STMを使って、近距離の撮影でどど~~~んと全体を撮ることができました^^

野鳥撮影

望遠ズームレンズのEF70-300mm F4-5.6 IS II USMでは、距離があるとちょっときついですが、目前の木に止まる野鳥では十分に撮影を楽しめます。 野鳥撮影では三脚は使っていません。
シグマ 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporaryは、レンスの重量が2kgとEF70-300mm F4-5.6 IS II USMと比較してむっちゃ重くなりますが、手持ち撮影は可能です。
但し、長く構えていると腕がプルプルきますので、手振れに注意が必要です。^^;

被写体まで距離があると超望遠は効果的ですが、近距離ではEF70-300mm F4-5.6 IS II USMの方が振り回しやすいですし、AFも早いので、使い分けがよさそうです。

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

サブ機としてPowerShot G9 X Mark IIを使っています。
PowerShot G9 X Mark II

カタログスペックは下記です。
焦点距離 10.2(W)-30.6mm(T)
[35mm換算]28(W)-84mm(T)
デジタルズーム倍率 約4.0倍

W側

T側(光学3倍ズーム)

更に、デジタルで最大(約4倍)ズーム

サブ機として気楽にバシャバシャ撮れるPowerShot G9 X Mark IIも結構使い勝手のいいカメラです。