CANON EOS R7をEF-Sレンズでちょこっと使ってみました②

次回は望遠で・・・といながら、超広角レンズのEF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STMを使ってみました。(35mm換算で16mmから26mm)
大アマチュアカメラマンとしては、低価格レンズながら気軽に超広角の世界を味わうことができて重宝しています。

EF-S10-18mm(以下すべてワイド端)

風景写真で空を入れる画面では、広角レンズで撮るのが好きです。

同じ風景でもRF24mmとは結構雰囲気が変わりますね。

RF24mm

EF-S10-18mm

RF24mm

EF-S10-18mm

RF24mm

ズームレンズで良く使っているのは、
EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM
RF24-105mm F4 L IS USM
RF100-400mm F5.6-8 IS USM  + EXTENDER RF1.4x
で、RFレンズへ移行中です。

メリットはやはり焦点距離の長いレンズほど軽さが実感できます。
広角レンズでは重たいとは思いませんが、RFの広角レンズで、RF15-30mm F4.5-6.3 IS STMかRF14-35mm F4 L IS USMがほしいなぁ~と思う今日この頃です^^;

RF24-105mm F4 L IS USM

次は、ローズフェスタ(2023年5月6日(土)〜)が楽しみです!

Visited 14 times, 1 visit(s) today